タトゥー・刺青(入れ墨)を入れたい方へ…、本当に後悔しませんか?

後悔先に立たず…タトゥー・刺青・入れ墨は、何一つ良いこと無し!

人間とはどれだけ強そうに見える人でも、内面は本当に弱くもろいものだと言われます。

一見強そうに見える格闘家でも、実のところは精神面で弱いものを抱えているとよく言われます。

いくら年齢を重ねた人物でも、自分の意志を強く持っている人の方が少ないでしょう。

格好良く生きたくても、なかなか理想通りには行かないのが現実なのです。

特に外見で格好良い人って実は一握りですよね。

女性で芸能人並みに可愛い人など本当に少ない訳ですし、ジャニタレのような美形の男性も少ないと思います。そう考えると身体面や外見で少なからず、どこか悩みを持って生きている人がほとんどなのです。

その中でも、過去ちょっとした失敗を引きずっている人は非常に多く存在します。

例えばタトゥー・刺青・入れ墨を入れた人…以前は格好良いと思って入れていたものでも、後から消したいと思う人は多いと思います。

「多い」と言いますか…昨今になって急増加しています。

会社の面接でチラッと見えただけで不採用になった…ですとか、子供と一緒に海やプールで遊べなくなった…ですとか、好きになった異性から反対を受けた…など「若気の至り」がここへ来て大問題に発展しているケースがほとんどです。

極端な話ですが、タトゥー・刺青・入れ墨一つで人生が大きく変わってしまうのです。裏を返せばタトゥーさえ無ければ新しい人生が開けていくということになります。

できることならば昔のタトゥー・刺青・入れ墨の無い時の自分に戻りたい…そう思っている人は多いのではないでしょうか?

【芸能人・モデルも多数利用】タトゥー・刺青除去で有名な美容外科・クリニックはこちら

タトゥー・刺青・入れ墨を勢いで入れた方…その後の後悔

lgf01a20130410112

一時期タトゥーブームで、ファッションでタトゥーを入れる人が多く見受けられました。

今でこそ一般に認知されたタトゥーでも、やはり日本の文化では偏見の目で見られるケースが多いと言われていますね。

加えて、一時期に比べればタトゥーファッションも徐々に陰りが見えてきたのは事実です。今では多くの方達がファッションとして考えつつ、自分の肌に入れる事をためらっています。

なぜなら外見での格好良さはあるものの、後にそれらを除去するのが大変だというのが、一般的に理解されてきたからです。

海外では有名なアスリートの多くが愛する人や物の名前をタトゥー・刺青・入れ墨に入れて表現しています。

欧州で活躍するサッカー選手やメジャーリーガーなどの多くがタトゥー・刺青・入れ墨をさらけ出しています。

しかし前述したように日本の文化ではそれをNOとする人間がまだほとんどの為、海外で活躍している日本人選手の中にそのような方はいません。

本田圭佑選手、イチロー選手などはタトゥー・刺青・入れ墨を一切入れていませんね。タトゥー・刺青・入れ墨が入っていなくても、輝ける人は輝けるのです。

ちなみに…少なくともタトゥー・刺青・入れ墨を好意的に見る人の割合の方が少ないですよね。そんなこともあり、一時的にタトゥー・刺青・入れ墨を入れても、後から除去したいと思う人は後を絶ちません。

一旦入れるとなかなか取れないのがタトゥー・刺青・入れ墨です。

その方の生き様を象徴するイラストや文字を入れるのがタトゥー本来の意味であり意義です。

しかしながら外国では社会的に認められたとしても、日本ではやはりタトゥー・刺青・入れ墨が入ると何かと障害になる事は多くなってきます。

最近でもタトゥーがあっては入社できない企業はまだまだ多いです。と言っても入社の段階で「自分はタトゥーを入れています」など履歴書に書く人は少ないと思います。

入社後、タトゥー・刺青・入れ墨が原因で、会社をクビになるケースもあるようです。

今の時代でもお堅い会社は多いですし、そういった襟を正して勤める会社ほど給料が良いものです。仕方の無い事ですが日本に住んでいる以上、避けて通れません。

しかし、過去のちょっとした過ちのために、高収入を棒に振るなんて事あってはなりませんよね。非常に勿体無いことです。

今のチャンスをタトゥー・刺青・入れ墨のために諦めている人もいるようです。昔の過ちのために、今のチャンスを逃しているとしたら、こんなに勿体ないことはありません。

自由に銭湯やサウナに入れた頃、付き合っていた友達と自由に肌を見せ合えた頃に戻れたら…なんて思ってしまいますよね。

その為には一念発起してタトゥー除去の決断をすべきです。

また異性と付き合い始めた時にも自分のタトゥーを隠さなくてはなりません。

話して理解し合えても、その後もいろいろな制約が生まれたり、難しい選択を迫られることは必至でしょう。

こちらも例えばですが、結婚する際にウエディングドレスで肌を露出してしまうケース、すばらしく綺麗なドレスなのにタトゥーがチラッと見える事で一気にイメージダウンに繋がります。そのような花嫁は非常に残念ですよね。

【芸能人・モデルも多数利用】タトゥー・刺青除去で有名な美容外科・クリニックはこちら

「消そうかな…」が除去のタイミングなのです!

lgf01a20130410113

何度も言いますが、タトゥー・刺青・入れ墨を消すというのは難しいと言われています。

一種の皮膚に傷を付けたものという訳で、それを元通りに綺麗に戻すのは容易ではありません。

そしてタトゥー除去には高い料金を掛けて手術することになります。

高額の料金を払ってまで除去手術するのはなぜか?

タトゥー・刺青・入れ墨がある為に、今の生活を制限することになっている人も多い為です。

そしてタトゥー・刺青・入れ墨に関していえば、それを相談できる人も限られます。

タトゥー・刺青・入れ墨は勢いで入れたケースが多いようです。

若い時期に、遊び仲間やグループで盛り上がってそういう話になった方がほとんどです。

そしてもちろん多く人が後悔しているのがタトゥー・刺青・入れ墨。そう考えれば早いタイミングでタトゥー・刺青・入れ墨の除去をされた方が、未来のためには絶対良いと感じますね。

本当に矛盾しています。

高いお金を掛けてタトゥー・刺青・入れ墨を入れ、そして数年後再び高いお金を掛けてタトゥー除去をする…全く意味が理解できませんし、これ以上の本末転倒はありません。

タトゥー除去を考えている多くは20代、30代です。男女比は7:3あたりでしょうか。10代の頃に「やんちゃ」をしていて格好良いということで入れた…というのが多いパターンです。

そしてタトゥー・刺青・入れ墨があることで社会的な制約があることに気付くのが20代という訳です。これはもう手遅れですよね。

一旦入れてしまったタトゥーは簡単に綺麗になりません。

タトゥーを入れる時の決断より、よほど簡単でハードルが低く、決断しやすい話だと思います。タトゥーを消し去りたい!と思った時が、除去のタイミングなのです。

あなたの気持ちに少しでもそのような想いが生まれれば、そこがタトゥー除去のタイミングなのです。今のあなたにとって一番大事なことだと思います。

身体の一部を隠し続けなくてはならないなんて、かなり苦痛なことだと思いませんか?気持ちの中にモヤモヤが残ってストレスにしかなりません。

その結果、自分らしさを発揮できないまま長期間悶々と過ごすことになってしまいます。

もうそのようなプレッシャーと付き合っていくのを終わりにしてみませんか?肌も心も綺麗になってみませんか?

【芸能人・モデルも多数利用】タトゥー・刺青除去で有名な美容外科・クリニックはこちら

本当に今のままでいいですか?ファイナルアンサー?

lgf01a201304101102

タトゥー除去について悩みのある方は既に色々と検索されたと思います。

現代はWEB社会ですのでタトゥー・刺青・入れ墨を除去された方の話も簡単に聞く事ができて、参考にできるのはすごくありがたいことだと思います。

傷みや後遺症などについて、よく心配される方はいます。

確かに不安は大きいと思いますが、必ず明るい未来が開けると思います。

タトゥー・刺青・入れ墨で格好良く見えるのは若い時だけであって、やはり年配になってくると人間的に良くないレッテルを貼られます。

そのような末路になることを20代で気付いてください。30代では既に遅いですよ。

それ以上は…手遅れですが今すぐにでも除去する他ありません!

それではタトゥー・刺青・入れ墨を除去する為にどのようなところへ行くべきなのでしょうか?

タトゥー・刺青・入れ墨を入れる所は多くても、いざ除去するとなるとなかなか見つけ辛いものです。

タトゥー・刺青・入れ墨を入れる際は知人などに勧められる場合が多いですが、タトゥー除去をしてもらう場所は、自分一人で探さなくてはなりません。

タトゥー・刺青・入れ墨を入れる時は「ノリ」ですが、除去に関してノリは通用しません。ここだけは真剣に考えてしっかりと選択してください。

タトゥー・刺青・入れ墨除去後は人生が一変するでしょう。

今まで気にしていたタトゥーの存在を隠さずに済みますので気が楽になります。

ただそのタトゥー除去も完全に消し去るのは難しいと言われています。

そして気になるのはタトゥー除去に費やす費用です。

高いものと予想付いているはずですが、やはりその通り数十万円はするようです。

評判の良い医者を見つけて門を叩くことになります。

肌が100%綺麗になる事はありませんが、少なくともタトゥーが入っていた頃に比べると生活に雲泥の差が生まれます。

タトゥー除去は費用も掛かりますし、それなりの痛みもあります。

ただ早期ジャッジが重要です。

何度も言いますが、除去をするかどうか悩んだ時がそのタイミングだと思いますよ。

【芸能人・モデルも多数利用】タトゥー・刺青除去で有名な美容外科・クリニックはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です