タトゥー除去の費用の相場について

タトゥー除去の費用の相場

タトゥー除去の費用相場が知りたい!

計算方法がわかりにくいのですが…

施術費用は除去箇所、除去サイズはもちろんですが、クリニックによって様々。

どうせならば安くて精度の良いところを選びたいのは当然ですよね?

しかし、カウンセリングは無料だとしても、何軒もハシゴをしてカウンセリングを行うことも難しいですし、どのようにクリニック選びを行えばよいのか?がポイントとなってきます。

除去を受ける側もそうですが、クリニック側もお金でモメるのは望んでいません。

多くのクリニックが料金形態表をサイト内で公開しておりますので、自身で比較して吟味してから選ぶようにしてください。

稀に、見積もりに入っていない額を後から請求されたというケースもありますので、メール、電話、カウンセリング…、という順を追って、決定料金を把握することが大切です。

分かりやすい物差しで説明するならば、手のひらで隠れる「名刺サイズ」手のひらで隠れない「はがきサイズ」と言えばすぐに金額は出るはずです。

B5、A4などの雑誌サイズの大きさになると、それは刺青(入れ墨)だと思いますので、相当な金額と時間が掛かってしまうと考えておいた方がいいでしょう。

もちろん小さければ小さいほど安いですし、大きいものはそれなりの金額が掛かってしまうのは当然ですが、除去手段によっても値段は変わります。

安い~レーザー治療<アブレーション治療(削皮術)<切除法<植皮法~高い

尚、最近では多くのクリニックが除去希望者の手を煩わすことのないようにと、サイト内で簡単なチェック項目欄を設けて、事前見積もりが可能なシステムが組まれているケースを確認できます。

ここにしよう!とクリニックをお決めになったら、自分のタトゥーの状況をこと細かく記して、見積もりを取るようにすればスムースだと思います。

最も安いクリニックはどこ?

どのような業界でも言えることですが「安かろう旨かろう」はなかなか見当たらないと思います。

該当するところがあれば独り勝ちは決まっていますからね。

どこのクリニックもそれぞれの特徴があり、そして価格帯も微妙に異なっているもので、一概に「どこが最も安い」という断言はできないものです。

更に言うと、同じクリニック内で考えても、施術師によって技術も異なってくるのは当然のことですし、入れているタトゥーによっても多少の価格変動は起きるものです。

「安くて綺麗に仕上がる」というのは、それは夢のような話ですが、まずは自分のタトゥーを把握して、そこから適正なクリニックを探すことをお勧めします。

たとえ安くても、納得いかない出来上がりだった場合、あなたは本当に満足しますか?

それよりも少々他より高くても、満足に近い仕上がりだった方が嬉しくありませんか?

安さばかり追求してもいけません。お金より除去技術を優先して考えないと、全く意味のないことになってしまうからです。

まずはクリニックを決定して、カウンセリングによって、担当施術師との波長が合えば(理解度が深まれば)除去治療に入るという運びが最もベストですね。

尚、施術内容で一番良いとされているものが「植皮法」のようです。

背中に入る広範囲のタトゥー、刺青(入れ墨)などは、レーザーや切除法では対応できないのです。

ちなみに植皮法は非常に高い技術を要しますので「費用が安いから」といった安易な考え方でクリニックを選ぶのは危険です。

ポイントとしては多くの除去希望者が集まるクリニックを是非お探しください。

地方からも大勢やってくるところなど最高でしょうね。

少々高くても、交通費が掛かってしまっても「このクリニックにお願いしたい!」という除去者がたくさんいるという事実を自分の目で確かめてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です